つき組の園児が6月に田植えをした稲の稲刈りをしました。

JAしまねくにびき青年連盟の皆様や保護者の皆様のご協力のもと、行うことができました。

これまで何度か生長の様子を見に来ていたので、「また伸びているよ!」「きいろくなってる!」と喜んでいました。

かまの使い方を教わり、いざ、田んぼへ。

はじめはおそるおそるかまを動かしていた子ども達でしたが、何度か繰り返すとコツもつかみ、次々と刈っていく姿がありました。大きく生長した稲をかがんで刈っていくので、子ども達の体はスッポリ隠れます。そんな中、稲を刈るごとに「かれたよ!」「ぼくも!」と高々と上げて見せてくれました。

稲をいくつかまとめ、「より」で束ねてみたり、束ねたものをはで干し場へ運んだり、足元に落ちている稲穂も大切に集めたりしながら、お米作りの仕事、お米の大切さを感じていきました。

その後コンバインでの稲刈りの様子を特別に見せていただきました。まじかで刈り取る様子におどろきや発見が次々と出てくる子ども達!「かったいねがあがっていってる!」「エスカレーターみたい!」「おこめだけがなかにのこっているんだよ!」と大興奮でした。

稲刈り後の給食ではご飯をじっくり見ながら、食のすすむつき組の子ども達でした。

刈った稲は12月におにぎりパーティでいただく予定になっています。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

9

10

10

11

12 

12

13